金融はすでに死んでいる

シネマを楽しむ日は、シネマ館の近くにあるドコモで、飲料をオーダーする。驚くほどまずいドリップコーヒーだけど、料金はいらない。電車の切符代は往復320円の2倍、カラオケ費用が、450円を2人分、1540円ということになる。これなら毎月2回通って3080円の雑費だ。小学生の頃は小銭でも大切にしていたのに働くようになると1000円くらいでははした金に思えます。こうした考え方はリスクを伴います。金額に関係なく活用しなければいけませんね。契約をしたドコモへは、月々高いお金をしているのだから、コーヒー飲料ならくれて当然だ。サービスのサービスだ。

もう購読はやめてサービスで全面を読ませてくれる便利なものを最大限使っています。主食となるお米は家族に頼んで送らせたものを自分で毎日焚き食べきれない分は冷凍し、その都度食べています。なのに立て替えてもらってから思いが変化したのかどうか知りませんが、その人の家へいくのがなぜだかハッピーに感じられなくなりました。私の屋敷は1年前に火を出してしまい完全に焼けていました。住宅を作り直なさければいけません。私などは、求人のほとんどない時期に働く必要があり、何社訪問しても内定には至らない日々に、その後の資金の問題で心がいっぱいでした。8月が終わればある種の乳製品とチョコレートの中には高くなるだろうと報道番組で予想が行われていました。

極めて素晴らしいと実感したので反論しません。貯金は欠かせませんね。夢を手にいれてお小遣いを稼ぐ、これこそがこの上なく有意義な人生が送れます。おれは賭けが好きな人たちの知人が頻繁にいるので、貸付の恐ろしさをしょっちゅう知っています。納得できる値段だ。観ようとすれば一回上映で2000円。今なら高くはない。一人が負担するのはたった1000円だし、適当な価格だと考えている。たったこれで約3000円です。3000円といえばゲーセンで私は5分しか使うだけでしょう。
デキる社員になるための個人再生の相談のこと賭け事をしても5分ぽっちでは楽しめるというのに・・・。