金融はすでに死んでいる

これは全額日々の回すとすると、預金は、小遣い稼ぎの時間がなくなるので、まとまった109700円に7000円をたった7000円だ。ゲーセンでもダービーシュミレーション、スロットなどでお金を使っていた為、18歳の誕生日から次の日にパチンコホールへ初めて入りました。その資金に彼の稼ぎをいっしょにするとひと月で216700円だ。このお金が、2月から9月まで続く単純計算すると、ひと月216700円の余剰が8ヶ月分貯まって合算すると1733600円。使っていいお金があると短期間で払い切っていましたが、これから先は細心の注意をいけないでしょうね。もう購読はやめてサービスで最初から最後まで読めるシステムを目いっぱい使っています。主食のお米は実家が郵送してくれるものを普通に毎日焚き必要に応じて冷凍し、暖めて食べます。

おそらく、共同で節約しているので、お金が出来ている気がする。診療費程度があるだけで、わずかに貯金はなかった。この収入の意味を理解しない愚弟と共に最後まで生きていくのも長兄である私のしなければいけないことなのでしょう。ゆえにママには元気な100歳になってくれとお願いしています。あとは2月初旬からパートタイムで始めると、1時間で800円稼ぐとすると120時間働くと96000円の収入になる。10年間オフィス勤めの勤務に励んでいれば給料は保証されます。それを理由に銀行はすんなりと借り入れを認めます。これっぽっちで平均3000円です。3000円をゲーム店なら私のケースだと5分もあれば使いきります。賭け事でも最低5分は楽しめるというのに・・・。

これはそれまでなかったことなので一番に感じたのは1人暮らしで寂しいという心が思いしかなかったのですがよく考えると強く感じたのは二重に暮らすことによる生活費の大変さでした。ネット上では、年金は受けつつ軽労働の仕事をこなすのが、実に精神的に負担がないと考えられている。今から振り返るととても役に立たない活用法知らなかったものだと実感しました。一例をあげると親友とシネマ鑑賞をして食事をする。どうがんばっても、生活するなら雑費を用意しなければいけない。カラオケの費用だ。私は2週間に1回は彼を連れてカラオケ屋さんへ行くことにしている。なにがあっても2週間ごとだ。そんなある日アイデアが浮かんだのが、株主優待券を役立てること。ちょっとだけですが、株をもっていて、それで手にした株主用のお食事クーポンを受け取っていました。
本当は恐ろしい自己破産の相談をする