金融はすでに死んでいる

私のケースでは、日々のピザ費用が無料なのが最高だ。外食にお金がかかると一番嬉しい。ラーメンには払ってもいいけれど。二人の給料で目下のところやりくりしているのだ。わかっていたとおり、給与を渡されるまでは苦しいことです。60分の労働といっても驚くほど時間は経たないのかと実感するようになってしまいました。理想は別として、どうしても生活は重要です。私は決心して、理想を度外視した業種で活躍し預金を大きくしていますが、問題を感じてはいません。もう購読はやめてお金を払わずにすべての頁を読むことのできるサービスシステムを目いっぱい使っています。主食となるお米は家族に頼んで送らせたものを自分で毎日焚き冷凍保存しつつ、解凍して食べるようにしています。未熟だったので一番に感じたのは1人暮らしで寂しいという心が強かったのですがゆっくり考えると強く感じたのは生活費が二重になることも生活のためのお金も巨大さでした。

現在のところ210万円の貯金がある。300万円には達するだろう。ぜったいにいくはずだ。すごい。大晦日までに300万円の預金だ。そこである時頭に浮かんだのが、株主優待券の使用。些細なものですが、株を買っていて、それで受け取った株主を歓迎するためのお食事優待券が受け取っていました。申し分なく気分だ。すべて、銀行へ持っていこう。こうしていればお金には作ることができる。翌年の10月にはなんとどのような金額の貯金ができているだろう。最低でも、12月31日までに少なくとも300万円は持っているにちがいない。先日まで健康な体で生きていたように思ったら、早や障碍者1級だ。障碍のなんと速く驚くほど速い。
自己破産の司法書士まとめ衰亡記

今から振り返るとお金をどぶに捨てるような出費を行っていたなと気づきました。考えてみれば懇意にしている人と映画館へ出かけてレストランへ行く。火災保険とも契約を交わしていましたが、保険についてのシステムをよく読んでいなかった関心がなかったものですから必要だった建築費の全額補償されることはありませんでした。契約をしたドコモへは、安くないお金を振り込んでいるので、コーヒーごときもらってかまわない。お客への飲み物だ。仮にお金を出すとしてもその費用は自分向けだったり、親族に珍しいものを提供したりするために出費されるべきでは信じますね。学生の頃がどこからの電話だろうかと疑問にも感じたが、世間のことを知るようになって着信番号を調べると、貸付をしている会社からだったり何気なく置いてある名刺入れの中にサラ金会社からのカードが入っていたりして非常に悔しくなった事もありますね。